Admin   *   All archives

    大阪府箕面市 社会福祉法人あかつき福祉会からのお知らせと最新情報

    レインボーチーム活動の様子 

    新年度に入り、新しい仲間も増えて、気分一新で日々過ごしております。今回はレインボーチームの活動の様子を、少しですがご紹介いたします。‎
    ‎4月はこんなことをしていました。‎

          H290523-01.jpg            H290523-02.jpg

    ‎① 桜の咲いている頃です。畑には菜の花も咲き乱れる中草抜きをしました。

           H290523-03.jpg           H290523-04.jpg




    ‎② 部屋や廊下の掃除もしました。モップ掛け頑張ってます。‎

          H290523-05.jpg              H290523-06.jpg

           H290523-07.jpg                H290523-08.jpg

    ‎③ 稲スポーツセンターでは体を動かしストレス発散。‎

           H290523-11.jpg         H290523-12.jpg

            H290523-13.jpg           H290523-14.jpg

            H290523-15.jpg           H290523-16.jpg

    ‎⑤ 外の風が気持ちの良い季節。色々な公園にも出かけました!‎

    これからも少しずつ様子を紹介していきます。次回もお楽しみに!‎

    ‎(箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり 小林)‎

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --   

    企業見学させていただきました!第7弾!! みのおリハビリデイサービスさん 

     2017年3月24日(金)、ささゆり園の利用者さん2名で、みのおリハビリデイサービスさんを見学させていただきました。
     みのおリハビリ訪問看護ステーションさんと併設されている施設で、閑静な住宅街にありながらも、充実した設備が揃っています。
     様々なマシンを使って、どのような訓練をされているか、バッチリ体験させていただきました。‎

       H290518-11.jpgH290518-04.jpg

      ごらんの通り様々な器具が並んでいますが、リハビリに主眼が置かれているため、スポーツクラブで見るようなマシンとはひと味違います。
     私たちが訪問させていただいた時は、たくさんの方々がリハビリ訓練中でしたが、ちょうど休憩時間になり、2階のリラクゼーションスペースへと移動されていきました。
     スタッフさんの「ちょっとマシンを試されてみますか?」との言葉に、利用者さんの目がキラリと光ります。

       ‎H290518-05.jpgH290518-09.jpg

     それぞれのマシンには、どのような効果があるのか、わかりやすい説明が記載されています。
     早速利用者さんが試してみられましたが、なかなか手応えがある様子です。
     ささゆり園の普段の活動でストレッチや様々なトレーニングをされていても、専用のマシンは勝手が違うようです。‎

        H290518-07.jpgH290518-02.jpg


     ひざの曲げ伸ばしを練習するマシンも体験させていただきました。
     まずはスタッフさんが実演しながら説明してくださりました。
     その次はいよいよ利用者さんがチャレンジです。
     普段はしない動きに最初は少し戸惑われていましたが、スタッフさんにサポートしていただいて動かすことができました。

        ‎H290518-10.jpgH290518-06.jpg

     最後に試させていただいたのはエアを入れてズボンを膨らませるタイプのマッサージ器です。
     装着するときにはおっかなびっくりの表情をされていた利用者さんも、エアが入り始めると、‎なんだ?これは!と思わず笑みがこぼれます。

        ‎H290518-03.jpgH290518-08.jpg

     気持ちよかったとのことで、お気に入りの器具となってしまいました。
     ぜひ、ささゆり園でもこのマッサージ器の導入をおねがいします!

        ‎H290518-01.jpg

     最後にお気に入りになったマッサージ器を使いながら記念にパチリ。
     リハビリについて見学させていただくだけのつもりが、すっかり足もほぐれて、快適な気持ちにさせていただいたのでした。
     お忙しい中、どうもありがとうございました。‎

    ‎(ささゆり園 内田)‎

    カテゴリ: こんなことしました

    Trackback: --   コメント: --   

    平成28年度「地域で生きる」障害者問題市民講座 ~相模原障害者市民殺傷事件を考える~  

        平成29年3月10日(金)、午後6時30分から、箕面市立障害者福祉センターささゆり園にて平成28年度「地域で生きる」障害者問題市民講座を開催しました。
     すでにご承知のとおり、昨年7月、神奈川県相模原市の障害者支援施設において、19人の尊い命が奪われる大変痛ましい事件が発生いたしました。しかし、事件発生から半年以上が経過した現在、多くの市民にとっては、過去の出来事になりつつあります。
     お名前さえ公表されることなく、理不尽に奪われたかけがえのない命、19とおりの人生、そして今も彼の地で生活されている利用者の方々、職員、ご家族の心境を思うと本当に心が痛みます。
     事件を風化させないためにも、背景や深層を探り、重い障害のある市民が地域で生きることの意味を問い直したい、そのような思いで今年の市民講座を開催しました。

                                                     H290509-01.png

                                                     H290509-02.png

         まず最初に、特定非営利活動法人おおさか地域生活支援ネットワーク理事長の北野先生よりご講演いただきました。豊富な資料・データに基づき、事件の背景・問題点に対し、本人支援のスタンスで鋭く切り込んでいただきました。ご発言の一部を紹介させていただきます。

    ●外部の人間ではなく、3年半の従事経験のあるスタッフによる犯行。問われる職場環境、育成の在り方
     ・指導・教育的、訓練的、または恩恵・救済的な支援ではなかったか? 検証が必要。
     ・虐待的な対応・支援に対して、指導・育成できなかったのか?=全国の事業所が問われている。
    ●どこで、誰と、どのように生活したいか? 本人の意思を無視した支援は、支援者、家族を問わず虐待である。
    ●虐待防止法:ネガティブな支援の防止、差別解消法:ポジティブな支援の推進。
    ●意思決定・表明支援の重要性(前提は豊富な選択肢があること)
     ・選択肢を創ることが大切、お題目の地域移行ではなく、GHや生活支援等国制度の充実が必要。
     
    とりわけ「事件の深層は、人々の心(無理解、偏見、差別心)の中にある」とのお言葉は、深く響きました。

                                                     H290509-03.png


        続いて、伊丹市にある有限会社しぇあーど取締役の李国本さんよりご報告いただきました。スクリーンに映し出されたキラキラ輝くたくさんの命。胸が熱くなりました。ご報告の一部を紹介させていただきます。
    ●「支援者」という言葉はとても嫌で、おぞましく、恐ろしい。
    ●入所施設があかんとか、地域が良いとか、住んでいる場所の問題ではない。「それなりの理由があるから入れるんや」というご家族の「言葉の重み」をどう感じとれるか。
    ●9時5時のサラリーマン支援者が何を語るのか? きれい事の「地域移行」なら誰でも言える。阪神淡路大震災当時の青葉園の実践の凄さ。
    ●生きる、ただただ生きるということ。「勝手に決めるな! なめんなよ!」という利用者さんの声。
    ●「障害者」とか「重い障害」とかではなく、「人」として地域で生きることの意味をこれからも問い続けたい。

     実践に基づく重みのあるお言葉、一言一言が深く、沁み入ります。

                                                     H290509-04.png

         最後に、社会福祉法人西宮市社会福祉協議会の清水常務理事さんよりご報告いただきました。
    ●この事件は障害者支援の現場で起こった。社会の価値観をかえていくこと、その価値観を社会化していくこと等、我々の思いは幻想であったのか? とてつもない罪悪感、無力感。しんどかった。
    ●しかし、重い障害のある方達が西宮に存在したからこそ、地域に質の高い支援ネットワーク、地域医療システムが生まれた。これは理想論ではない。紛れもない事実である。
    ●阪神淡路大震災当時の状況(入浴1つとっても、障害が重いとか、ボランティアとか学生とかは関係なく、風呂にないっていない者、汚い順に近隣で入浴する状況)→その後、障壁の出現により分離された状況・市民には見えない→支援者による本人の客体化・市民の逃避的無関心→相互ディスエンパワメントによる破滅・希望のない社会の出現、事件の本質はそこにある。
    ●この状況の中から、それでも新たな希望をもって取り組む。極めて楽観的に。
    ●本人の存在価値に基づく、本人中心の支援の展開、ひとつひとつの物語の積み重ねから真の共生社会の実現をめざす。
     熱い! 熱すぎる清水さん節全開のお話で、会場のボルテージはマックスに!!

                                                     H290509-05.png

      慌てて資料を増刷するほど沢山の方々にご参加いただきました。また、アンケート結果から「時間が足りない」「次回続編をお願いしたい」等のご意見を多数いただきました。

     最後になりましたが、自分達の日々の姿勢、取り組みが問われるこの重く困難なテーマに対して、ご尽力いただきました講師の北野先生、李国本さん、清水さん、本当にありがとうございました。

     決して事件を風化させることなく、障害の有無に係わらず、ひとり一人の存在が心底尊重される「共生社会」の実現に向け、私達ささゆり園スタッフも、気持ちを新たに今できる実践を続けていこうと思います。


    (箕面市立障害者福祉センターささゆり園長 加藤)

    カテゴリ: こんなことしました

    Trackback: --   コメント: --   

    ‎「マイナビ 医療・福祉業界 就職セミナー」に出展してきました。‎ 

    寒さも和らぎ、コートを着て出かけなくても良くなってきた平成29年4月16日(日)、梅田スカイビルで開催されました「マイナビ 医療・福祉業界 就職セミナー」に、将来のあかつき福祉会を担っていただく方との新たな出会いを求めて、あかつき福祉会も出展まいりました。‎
               H290418-001.pngH290418-002.png

    セミナーは13時開場、17時までの4時間。
    20名ほどの参加者の方がブースまで足を運んでくださいました。
    足を運んでいただきました方には、あかつき福祉会のこと、勤務労働条件のことなど沢山お話させていただくことができました。‎

                                                               H290418-003.png

    あかつき福祉会では、現在、職員募集を行っています。‎〈職員募集の情報ページへ>
    ‎箕面市近隣の方、家は遠くても障害者福祉にご興味のある方など、是非ご応募下さい。
    お待ちしています。‎

                                         H290418-004.pngH290418-005.png


    (総務課長 福田)‎

    カテゴリ: イベント

    Trackback: --   コメント: --   

    恒例の年度末イベント開催“今年度はカレー対決!!” 

    2017年3月7日(火)、箕面市立障害者福祉センターささゆり園では、恒例の年度末イベントを開催しました!
    例年、劇などを各チームで発表していますが今回は「カレー大会」と題して、昼食に各チームでカレーを作ってご家族に振る舞い、審査してもらうこととなりました。
     H290417-01.jpg H290417-02.jpg

    カレーの作り方・味付けなどは自由自在。
    ズラリと並ぶスパイスや多彩なカレールー、肉塊にフルーツ、そして魚介系スープの素まで…。
    買い揃えた材料から、各チームとも“趣向を凝らした独自のカレーを作るぞ”との気合いが伺えます。
     h290417-03.jpg H290417-04.jpg
     H290417-05.jpg H290417-06.jpg

    11時50分の完成を目指して、食堂は朝一番からキッチンスタジアム状態!?
     H290417-07.jpg H290417-08.jpg
     H290417-09.jpg H290417-10.jpg

    キノコをソテーしたり、鶏肉をターメリックと和えたり。本格的です!
     H290417-11.jpg H290417-12.jpg

    調理開始から1時間経過~。味の調整、トッピングなどラストスパートに入ります!
     H290417-13.jpg H290417-14.jpg

    完成!! アンバーチームによる「きのこと野菜のハーモニー彩りチキンカレー」(写真左下)、ウイングチームによる「スパイシーきのこカレー」、そしてターメリックライスとナンで味わうハッスルチームの「インド風手作り○キンカレー」(写真右上)です。
    オードブル・デザートと一緒に、各チーム作の3種類のカレーを食べ比べます。
            H290417-15.jpg

    レシピも公開!
     H290417-16.jpg H290417-17.jpg H290417-18.jpg

    さぁ実食です!ご家族の箸の進みならぬスプーンの進み具合、そして召し上がられた後のコメントがとても気になります。
     H290417-19.jpg H290417-20.jpg
     H290417-21.jpg H290417-22.jpg
     H290417-23.jpg H290417-24.jpg

    食事とともに、各チームの1年間の取り組みを展示物と併せて紹介。
    音楽活動、創作、手作りの野球盤ゲームと、いろんな活動を実施してきました。
     H290417-25.jpg H290417-26.jpg
     H290417-27.jpg H290417-28.jpg

    食後には利用者さんによるウクレレ&ハンドベルの演奏、そして職員の愉快な余興も行われました。
     H290417-29.jpg H290417-30.jpg

    締めくくりは、1年間を振り返るスライドショーの鑑賞。
    登場する写真では伝えきれない想い出が詰まっています。
     H290417-31.jpg H290417-32.jpg

    そして、お楽しみのカレー対決の結果発表は…。
    アンバーチームがトップを獲得!
    この点数が加算されたことにより、チーム対抗戦においてアンバーチームが悲願の初優勝を果たしました!
     H290417-33.jpg H290418-034.jpg
                                                 H290418-035.jpg

    今回は例年と違った趣向の
    年度末イベントでしたが、チーム一丸となって一つのものを作り上げる大切さ、楽しさが十分に実感できました。
    ご出席いただいた、ご家族の方々にも感謝です。
    来年も乞うご期待!

    (ささゆり園 中野)

    カテゴリ: イベント

    Trackback: --   コメント: --