Admin   *   All archives

    大阪府箕面市に本部を置く「社会福祉法人あかつき福祉会」からのお知らせと最新情報

    【支援センター】グループホームの防災対策~備蓄品編~ 

     今年1年もあっという間で、まもなく年末にさしかかろうとしています。1年を振り返ってみると今年も台風による風水害が日本各地で発生しました。利用者の方もニュースを見て「怖いね~」「大丈夫かなぁ」と不安を隠せない様子でした。
     大阪府は大きな被害はなかったものの災害はいつどこで起こるか分かりません。備えあれば憂いなし!
     
    今回はグループホームの防災対策の中でも「備蓄品」のご紹介をしたいと思います。

     まずは、水と食料。4名の入居者と支援者が3日間過ごすことのできる飲料水や食料を備蓄しています。
         191217-1.png 191217-2.png
         191217-3.png 191217-4.png
         191217-5.png 191217-6.png

     そして、ガスや電気が止まった場合に備え、カセットコンロとガスボンベも備えています。
     水があれば食べることが可能な備蓄食材を用意していますが、やはり温かいものや少しでもおいしく食べる事も考えたいものです。これはお湯を沸かす等暖を取る手段としても使用できます。
                   191217-7.png

     また、グループホーム建物および周辺が危険と判断されれば、急いで避難所等の安全な場所への避難が必要になる場合があります。
     災害が起こってから持ち出すものを準備していては逃げ遅れてしまいますので、あらかじめ非常持ち出しリュックに必要最低限の防災用品をまとめておき、すぐに持ち出せるように準備しています。
         191217-8.png 191217-9.png
         避難所等の防災マップは見える場所に掲示!    リュックはすぐ持ち出せる場所に!
         191217-10.png 191217-11.png
     

     今回はグループホームの備蓄品についてご紹介しましたが、実際にこれらを災害時に活用できなければ意味がありません。
     普段はアルファ米を作る事や食べる事もありませんし、ましてやろうそくだけで過ごしたり、携帯トイレを使用したりすることもありません。入居者、支援者ともに災害時に落ち着いて対応するためにも今後は、実際に災害時を想定してそれらを体験する機会を作っていきたいと思います。

     大地震や豪雨などの自然現象は人の力では食い止めることはできません。しかし、日頃から準備しておくことで災害が起こった時に被害を最小限に抑える事ができます。これからも利用者が安心・安全に暮らしていけるように災害への備えを強化していきたいと思います。


    (地域生活総合支援センター 小山)

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --   

    【ささゆり園】利用者さんの車椅子、世界へ羽ばたく! 

     みなさん、“空飛ぶ車いす”なるものをご存じでしょうか?
     NASAの最新鋭テクノロジーが注ぎ込まれた、全自動でどこへでも飛んで行ける魔法のような車椅子…ではありません!
     実は、古くなって廃棄されたり何らかの理由で使われなくなった車椅子を点検・修理して世界の国々(主にアジア)で必要とされている方々に寄贈するという活動のことなのです。

     実践しているのは、「神戸市立科学技術高等学校」のクラブ活動「空飛ぶ車いす研究会」のみなさん。
     この度、ささゆり園で使われなくなった車椅子を是非とも有効活用してもらいたい!との強い思いで、4台の車椅子を寄付させていただきました。
         191209-1.png 191209-2.png
               191209-3.png

     この活動は神戸市立科学技術高等学校が新設された2004年に有志でスタートして以来、15年間も続いており、寄贈台数はなんと!2640台(2019年12月現在)。最も多く寄贈しているのはタイです。タイへ出張修理にも行かれたことがあるそうです!
               191209-4.png 191209-5.png

     ささゆり園を代表して利用者さん1名と職員2名で訪問して、修理されている様子を見学させていただきました。授業が終わった部員さんたち次々にやって来て、作業に取り掛かっていきます。工場さながらの作業スペースで真剣にネジを止めたり、タイヤ交換をしている光景は実際の車椅子メーカーのようです(以前、車椅子の会社にも見学に行ったことがあるので)。
          191209-6.png 191209-7.png
                     191209-8.png
          191209-9.png 191209-10.png
     
     部員さんたちは日常的に車椅子に触れてはいますが、実際に使っている方(特に障がいのある方)に接することはほとんどないとのことです。今回、寄付させていただいた車椅子を使っていた方の身体の特徴などについて説明させていただくと「車椅子は使う方の身体の一部」だという事を、改めて深く理解していただいたようでした。

     座面の形状からパーツの細部までを確かめながら“どのように修理や改良を加えれば良いか”といった活用法について早速、話し合っていました。
     近い将来、彼らの中から魔法のような車椅子を創る素晴らしい技術者が現れるかも!

     日本では年間5万台もの車椅子が廃棄されているそうです。そのうちの1台でも多くが修理されて遠い海外の人々の生活を支えている事は、とても喜ばしいことです!
     車椅子には使う人の魂が宿っていると思います。“空飛ぶ車いす”は、まさに魂を繋いでくれる襷(たすき)とも言えるのではないでしょうか。
     寄付させていただいた4台が海外で活躍する日が待ち遠しいです。
     神戸市立科学技術高等学校・空飛ぶ車いす研究会のみなさん、どうぞ宜しくお願いします!!
              191209-11.png


    (箕面市立障害者福祉センターささゆり園 中野)

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --   

    アクティーボ(新聞)のご紹介 

     ワークセンターささゆり1階のアクティーズチームでは、「アクティーボ」という新聞を活動の中で作っています。
     楽しかった思い出を集めてみよう!面白かったことをご家族にも知ってもらおうと、写真選び、レイアウト、文字のデザイン等、チームみんなで考え制作にとりかかります。
             191203-1.png

     「この写真どうかなぁ。」「ちょっと映りが悪いんじゃない?」「印刷行ってくるね」などワイワイ言いながらの制作なので、「あーこの時面白かったなー」「あーこんなんしたなー」と時に作業が先に進まなくなったり・・・。
     また、このブログでも時々ご紹介したいと思います。

     (箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり 篠永)

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --   

    【あか・ワーク】秋の所外活動(トライチーム) 自然を感じにでかけました! 

     トライチームでは10月24日から11月14日にかけて、4回に分け所外活動を実施しました。今年の秋のテーマは「自然を感じよう!」です。主に、紅葉や木々の雰囲気を感じられる「山」チームと、海岸沿いで波の音を感じられる「海」チームに分かれました。

    【山チーム】
     まずは、第一回目(10月24日)と第四回目(11月14日)にでかけた「山」チームは「高槻しいたけセンター」です。

     一回目に出かけた時は、あいにくの雨。。。
     昨年度の台風の影響で、しいたけセンターの施設の多くが縮小しており、外を歩くのも大変でした。雨で急いでいたため写真もピンぼけしてしまいました。すみません。
         191125-1.jpg 191125-2.jpg
               到着を記念して、カシャ♪         歩くのにも一苦労でした。。。

         191125-3.jpg 191125-4.jpg
                受付を済ませて~。           慣れない場所は不安でいっぱい。

              191125-5.jpg 191125-6.jpg
              木に生えたしいたけを根元からとっていきます。100gあたり300円!!!

              191125-7.jpg 191125-8.jpg
                 とれた!満面の笑みです。    ここまで来た甲斐があった~!

     
     一方、雨がやんで晴れになった女性のグループです。
         191125-9.jpg 191125-10.jpg
              木々が色づいてきてますね。         早速好みの落ち葉を見つけました。

         191125-11.jpg 191125-12.jpg
                      おいしそうなしいたけを選ばれています。

               191125-13.jpg
                         何に使って食べようかな~。
                           夕食が楽しみです。


     しいたけ狩りを終え、お腹を満たすために、イオン茨木に行きました。
         191125-15.jpg 191125-14.jpg
             朝から出かけて少し疲れましたね。        大好きなオムライスです。
               191125-16.jpg
                 おいしそうなラーメンは、なんとコンニャクのラーメンでした。


     続いて、第二回目(10月31日)にでかけた「山」チームは三田にある「有馬富士公園」です。
               191125-21.jpg
                富士山のような、と言えば大げさですが、きれいな山が印象的です。
                            まずは記念撮影。

               191125-19.jpg
                かなり広い公園なのですが、秋風を感じながらしっかりと歩きました。

               191125-20.jpg
                      自然の中で食べるお弁当は、格別ですね。

               191125-18.jpg
                           また遊びに行きたいです~。


    【海チーム】
     最後は、第三回目(11月8日)にでかけた「海」チームの「芦屋市総合公園」です。
     芦屋市総合公園には人工のビーチがあり、穏やかな波を感じることができます。その前に近くの飲食店で昼食を摂りました。
               191125-22.jpg
                          リラックスされています。

               191125-23.jpg
                        フォカッチャをお代わりされました。

               191125-24.jpg
                      大好きなハンバーグでお腹が満たされました。

     さあ、いざビーチへ!!!
               191125-25.jpg
                    海へ行くことがあまりないのでとても新鮮です。
                    ざぶーんざぶーんとさざ波の音が聞こえてきます🌊

               191125-26.jpg
            少し、波の音にびっくりされた方もいましたが、秋晴れの中楽しむことができました。


    (箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり 森山)

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --   

    【あか・ワーク】秋の全国火災予防運動~総合避難訓練をしました~ 

     秋の全国火災予防運動に先駆けて、11月1日(金) 瀬川にある3施設(箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり、わんすてっぷ、地域生活総合支援センター)で、「ワークセンターささゆり1階にある厨房から出火し、2階テラスに逃げ遅れが1名いる」と想定で法人職員の防火・防災意識の高揚とその管理体制の充実を図るとともに、箕面市消防団・箕面市消防職員の警備技術の向上を図るため、箕面市消防団・箕面市消防本部との合同で総合避難訓練を実施しました。

     10時30分に出火を確認した厨房職員の「火事です!!」の声とけたたましく鳴る非常ベルで訓練スタート。施設内で消防職員が見守る中、いつもとは少し違う雰囲気に緊張した様子の利用者のみなさん。それでも、館内放送と職員の誘導で無事に避難場所まで避難できました。
         191106-1.png 191106-2.png
                 191106-3.png


     避難場所でチーム毎に集まって人数点呼を取っていくのですが・・・。前回取り組んでいた『朝のミーティングで当日の利用者数・職員数を確認する』の意識が薄れてしまい、避難完了しているのに人数確認に時間を要し4分40秒と前回より2分近く完了が遅くなりました。やはり日々の取り組みが一番大事であることを再確認しました。

     その後、利用者のみなさんは、一旦各チームの活動部屋に戻り、箕面市消防団・箕面市消防署との総合訓練です。(安全のため、利用者の皆様は建物の中から見学です)

     緊急車両が、敷地内に5台入ってきたかと思えば、あっという間に現場指揮本部が設営され、消防隊指揮者に法人の自衛消防隊長が避難状況等を報告します。早速、2階ベランダに逃げ遅れ者の救助・避難訓練を行うため、避難梯子の設営を手早く行われていました。
           191106-4.png 191106-5.png
               緊急車両が続々と入ります          素早く本部が設置され
           191106-6.png 191106-7.png
              消防隊長が避難状況を報告します    そしていよいよ梯子を使って救助へ!!
           191106-8.png 191106-9.png
               安全装備をしっかりして         無事降りてくることができました

     梯子から避難した後は、救急隊がケガ等の有無を確認していました。
     その後、箕面市消防団と箕面市消防署による放水訓練です。
                191106-10.png
               あっという間にホースがつながり、水の勢いはとっても強かったです。

           191106-11.png
                       最後に各隊員から消防署長へ報告です。


           191106-12.png
     訓練後の振りかえりでは、消防職員より通報・初期消火・避難時の職員の動向について気になる点などを教えていただきました。


     日ごろから火事が起きないようにすることが大切ですが、万一火事や災害が起こった時は、今回の訓練での課題を活かし、一人ひとりが冷静に迅速に行動したいと思います。

     ※当日の様子は箕面市さんのブログ『撮れたて箕面ブログ』にも掲載されておりますので、ぜひご覧下さい。
      URL:blog.goo.ne.jp/minohblog

    (箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり 藤岡)

    カテゴリ: 未分類

    Trackback: --   コメント: --