Admin   *   All archives

    大阪府箕面市に本部を置く「社会福祉法人あかつき福祉会」からのお知らせと最新情報

    【法人本部】第4回正規職員研修会を行いました 

     平成30年2月25日(日)、けあ人財アカデミーの垣内イスズ先生にお越しいただき「正規職員研修会」を開催し、朝から夕方までみっちり皆で学びました。‎

    11111.jpg
    22222.jpg 33333.jpg
     ※正規職員研修会…「コミュニケーション」を主テーマとして、全正規職員が上司・部下関係なく忌憚のない
               意見を交わし、現状の課題、今後 の取り組みを共有していくために、平成27年度より
               半年に1回のペースで実施している研修会。

     今回の主テーマは『自分たちが求められていることを再確認する』でした。

     午前は「法人理念」「入職時の思い」などについて振り返りながら、自分たちがどのような行動を取っていくべきかを考え、午後は「人間性」にスポットを当て、人間性とは?人間性が良い人とは?人間性を高める方法は?などについて、グループワークや個人ワークを通して、皆で意見交換しながら考えていきました。

     44444.jpg 55555.jpg

     「人間性」という捉えどころが難しく、これという正解を導き出すことが難しい内容ではありましたが、それぞれの職員が自分自身を振り返り、他職員と意見交換しながら自分なりの答えを追及していく時間自体が、とても有意義な時間であったように思います。

     66666.jpg 77777.jpg
     88888.jpg

     研修の締めくくりは、1日の研修のなかで学んだ知識や考えを職員毎に棚卸ししながら、今後の取り組み計画を立てて発表し合いました。‎今回もまた、研修を通して得た多くの気付きを、現場のなかで実践していけるよう、正規職員一同、頑張っていきたいと思います。‎

    ‎(法人本部(総務課) 福田)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --   

    【法人本部】平成29年度 人権研修を実施しました 

     新しい年を迎え、早いもので1ヶ月が過ぎ2月を迎えました。

     さて、今年度の人権研修は「児童虐待」について学ぼうということで、一般財団法人 児童虐待防止機構オレンジCAPOの理事長でいらっしゃる島田妙子氏を講師としてお迎えし、去る1月26日(金)に実施しました。
                                     (講師のプロフィールは下記をご参照下さい)

        H300201-11.jpg H300201-12.jpg
          H300201-30.jpg

     講演の内容は、ご自身がお父様・お継母様から受けた虐待の体験談を交えながら、当時のお父様やお継母様たちの心理とその変遷をとてもわかりやすく説明されており、私たちのような対人援助の職場での虐待防止を進めていく上で、職員の心のケアがとても大切であることを再認識させていただきました。
              H300201-13.jpg

     そして、今回の講演では、日々の支援で悩んだり、行き詰まってしまい、こころが萎えてしまうことも多い私たちの仕事柄に合わせて、「アンガーマネージメント」についても時間を割いていただき、その基本的なことや、感情に係る神経伝達物質(セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリン)のことなどについても教えていただき、更に心を元気にする呼吸法なども伝授いただきました。

     この「アンガーマネージメント」については、ユーチューブの「たえこチャンネル」でより詳しく動画でご紹介されていますので、みなさんも是非、ご覧下さい。
    「たえこチャンネル」はこちら

    *また、島田さまのブログでも本研修会のことを記事にしていただいております。
    「くるくるミラクル 幸せくるくる」はこちら

         H300202-14.jpg H300201-15.jpg
               H300201-16.jpg
                心を元気にする「セロトニン」を増やす体操と呼吸法を伝授中

     今回の研修では参加した職員一人ひとりが多くの学びと気付きを得たともに、沢山の「元気」をいただいた研修となりました。島田さま 本当にありがとうございました。

     研修が終わり、外へ出てみると夕方から降りだした雪が積もり、あたりが一面雪景色になっていました。
     
    (あかつき福祉会 事務局長 亀谷)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --   

    【あか・ワーク】職場内研修を実施しました 

     あかつき園・ワークセンター職員を対象に、部門内研修を3回に分けて行いました。

     今回は、外部研修で受講した「組織が元気になる会議の進め方」の一部体験プログラムを実施しました。
     この研修の一番のポイントは、会議をよくするためには、司会者や責任ある職員だけががんばっても良くはならない。参加者全員が会議の雰囲気をよくするように参加することが大切であるということでした。

     今回3回行った研修でも、非常に和やかに進行する回やグループがある一方、一生懸命グループワークをするけれども意見があまり出ないグループなど、研修講師が同じように進行していても、雰囲気は毎回・グループごとに違っており、参加者自身が活発な会議にしていこうとする意識が大切であると、改めて感じることができました。

     今回研修で学んだことを活かしながら、あかつき園・ワークセンターに合った会議の進め方を職員一丸となって作っていき、組織をもっと元気にできればと思います。
     組織が元気になれば、利用者と向き合うエネルギーが沸いてくるため、よりよい支援に繋がっていくはずです。

     H291225-6.jpg H291225-4.jpg H291225-2.jpg
     H291225-5.jpg H291225-3.jpg H291225-1.jpg

    (箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり 白樫・政友)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --   

    【ささゆり園】第3回感染症等防止研修会を開催しました! 

     箕面市立障害者福祉センターささゆり園では、平成29年11月21日(火)午後4時から、第3回となる感染症等防止研修を実施しました。講師は前回同様、箕面市立病院 チーム医療推進部 感染対策チーム担当副部長 感染管理認定看護師の四宮 聡さん、同病院 薬剤部 感染制御認定薬剤師の山路 加奈さんのお二人! 内容は、施設内の点検・実地検証(制御ラウンド)で前回指摘された箇所の改善確認と講義・実技の二本立て! 
     とりわけ、指摘箇所に関しては、結構頑張ったので、それなりに自信があったのですが、感染症防止のプロから見ると???で、そんなに甘いものではありませんでした。日常的な慣れからか、余計なものが沢山、無意味に置いているのですが、指摘されるまで気づきませんでした。感染症防止への道は、ホンマ奥が深いです。
         H291220-25.jpg  H291220-24.jpg

     前回とは指摘事項や内容、そしてレベルが異なります。
         H291220-21.png  H291220-22.png
         H291220-23.png  H291220-20.png

     続いて、実技です。吐物に見立てた小麦粉にブラックライトに反応する特殊な薬品を混ぜ、床へ散布、スタッフがいつもどおりの手順で処理します。
     処理後、ブラックライトを照射すると・・・・、あきません、飛散しています。次亜塩素酸系のスプレーを吹きつけたのですが、吹きつけが強すぎたため、吐物が飛び散ってしまいました。できればペーパータオルなどにスプレーを吹きつけ、上からそっと被せるように拭き取り、処理すると飛散を防止できるそうです。
     また、手袋やエプロン等を外す場合、順番を誤ると、自らの服や手にウイルスが付着し、これもまた感染を拡大させてしまう場合があります。
     このように、本来ならば拡大を防止する立場にある人間が、適切な処理方法を実施しない場合、逆に感染を拡散させてしまう可能性があるのです!! 
         H291220-27.png H291220-26.jpg
         H291220-28.jpg H291220-29.png
                    
                    H291220-31.jpg
     四宮さん、山路さん、長時間にわたり熱心にご指導いただき、誠にありがとうございました。次回も何卒よろしくお願いします。

                       H291220-30.jpeg
     ところで、講師の四宮さんがこの度、施設等での感染症防止について、イラストを交え、実践的でわかりやすく解説された書籍「できる!感染症対策」を出版されました。巻末資料として、スタッフ向けの感染対策ミニテストもついています。ささゆり園でもストックしていたのですが、好評のため、残り2冊となりました。ご入り用の方はお早めに!!

    (ささゆり園園長 加藤)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --   

    【法人本部】新たな仲間を対象とした職員研修をしました 

     今回は、以下の3日間に分けて、新たに入職した4名の職員を対象に入職時研修会を行いました。
     11月22日 「事務局長講話<法人理念>」と「職場見学」
     11月29日 「職場見学」と「グループワーク」
     12月6日  「ピアスーパービジョン」


     1日目の事務局長講話では、あかつき福祉会のこれまでの道のりや現在の法人理念が出来るまで、また、法人理念「このまちで自分らしく暮らしたい」の背景にある思い・経過などについての話がありました。特に、長年あかつき福祉会に勤めて多くの利用者さんを支援してきた亀谷事務局長だからこそ話せる「全身性障害の利用者さんが一人暮らしをしたいと宣言された」など沢山のエピソード話には、参加した職員たちも興味深く聞き入っていました。
     職場見学では、箕面市立障害者福祉センターささゆり園とグループホーム(法人が運営するグループホーム9カ所のうち2カ所)を見学しました。参加職員が普段あまり行く機会がなかったり、機会があってもなかなか隅々まで見る機会がなかった設備などを”見たり””触れたり”することにより理解を深めるきっかけとなったのではないでしょうか。また、生活の場としてのグループホームについては、設備も含め、どのように暮らしているのかなど興味深く話を聞いていました。

     2日目のグループワークでは、架空の利用者支援場面について、「課題」「改善策」「自分がその場にいたらどうするか」について、話し合いをしました。
     支援のゴールはどこか、ゴールにたどり着くために何が問題なのかをうまく整理をして、話をされていました。そこで、今回は「自己決定をどこまで尊重するか」と、今回の事例ではズレた質問を講師から意図的に投げかけてみましたが、全体像と一番押さえる必要がある部分を抑えて、議論をされていました。今後の利用者支援における期待が高まる時間でした。
     ピアスーパービジョンでは、2つのグループに分かれ、お互いが『相談する側』・『助言する側』を体験していただきました。1つのグループではそれぞれの相談ごとが”子育てについて”と共通のテーマとなったこともあってか、実体験の中からアドバイスされている職員がいたりとそれぞれが親身になって助言をされていました。
     今後は、仕事の中で利用者やご家族の話を聞いたり、相談にのったりとする場面があると思いますので、今回体験したことを是非日々での取り組みに活かしていただきたいと強く感じました。
          H291218-3.jpg H291218-4.jpg
          H291218-1.jpg H291218-2.jpg

     今回は法人全体の新規採用職員対象の研修について、ご紹介をいたしました。あかつき福祉会では現在職員の育成に力を入れています。 今回のような「あかつき福祉会全体で新規採用職員対象の研修」に加えて、「所属ごとに応じたテーマに対する研修(部門内研修)」、外部研修、講師を招いた研修、OJTの導入などを実施しています。

     法人理念にある「このまちで自分らしく暮らしたい」を実現するべく、日々前進できるように努めて参ります。


    (人財育成プロジェクトチーム一同)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --