Admin   *   All archives

    大阪府箕面市に本部を置く「社会福祉法人あかつき福祉会」からのお知らせと最新情報

    平成26年度「地域で生きる」障害者問題市民講座 ドキュメンタリー映画 「ぼくは写真で世界とつながる~米田祐二22歳」上映会!! 

     箕面市立障害者福祉センターささゆり園では、障害のある方達への理解を深める啓発事業の一環として、「地域で生きる」障害者問題市民講座を開催していますが、今年度は11月2日(日)に、「ぼくは写真で世界とつながる~米田祐二22歳~」を上映しました。(70名の方にご参加いただきました)

     この映画は自閉的傾向のある22歳のアマチュア写真家、米田祐二さんが、お母様の手を離れ、沖縄旅行をされる姿を追ったドキュメンタリー映画です。なお、制作されたのはマザーバードの貞末麻哉子さんで、平成24年度の同市民講座で上映した映画「普通に生きる」(ここをクリック)を制作された方でもあり、その時も会場にお越し頂き、コメントを頂戴いたしました。
     また今回はスペシャルイベントとして、上映後に音楽を担当されたchiharuさんによるミニライブと主演の米田祐二さん、お母様の米田千鶴さん、貞末さんによる楽しいトークと盛りだくさんの充実した内容となり、あっという間の2時間となりました!!

    H261111_A.jpg   H261111_B.jpg

     「祐二さんの写真を会場で展示し、御自身で説明いただいてはどうか?」という企画が、前日(11/1)篠山市での上映会前夜祭の場で急遽決定されたそうです。そこで、箕面市でも祐二さんの作品を展示することになりました。この企画は大正解で、上映会前後の時間、展示コーナーはご覧のとおり大盛況でした!(夜の会議、恐るべしです!)
    H261111_C.jpg   H261111_D.jpg

    H261111_E.jpg   H261111_F.jpg

    H261111_G.jpg   H261111_H.jpg

    H261111_I.jpg   H261111_J.jpg

    最初は映画の上映です。何回見ても新たな発見があります。
    H261111_K.jpg


     上映後は、映画の挿入歌とナレーターを担当されたchiharuさんのミニライブ! 宮城県名取市からはるばるお越し頂きました。震災当時のお話しとユーミンの「瞳を閉じて」の演奏は、深く深く心に染み入りました。映像と挿入歌、観客の方々それぞれの体験が重なり、会場のあちこちで感動の涙が・・・。
     2回目の演奏時には、祐二さん御自身も要約筆記の画面を見ながら、「春」「あおぞら」を歌っていらっしゃいました!
    H261111_L.jpg   H261111_M.jpg

    H261111_N.jpg   H261111_O.jpg

     続いて、米田祐二さんご本人による作品紹介。お母様によると、初回の説明時は「鳥です」「夕焼けです」という比較的シンプルな説明だったそうですが、その後、上映会を重ねる毎に、具体的な撮影場所やその時の感情を交え、どんどん豊富になっていったそうです。当日も熱く語っていただきました! 
     「これこそが!」「くもがもくもくしています!」「夜の満月、色がついた後、ささやまで見ました」 
    H261111_P.jpg   H261111_Q.jpg

    H261111_R.jpg   H261111_S.jpg

    H261111_T.jpg


     最後に貞末さんからの制作に至るまでのお話、お母様からのお言葉をいただきました。
     「祐二さんは、全く社会の障害になっていない。それなのに私達は祐二さんの障害になっている」という貞末さんからのお言葉、サポートを「仕事」としている我々スタッフの心に強く響きました。
     
     アンケートの一部を抜粋し、ご紹介させていただきます。
    ●映画、ミニライブ、トーク等、わかりやすく感動しました。素晴らしい写真も見せて頂き、良かったです。
    ●自閉症の方の特性がよくわかった。普段深くかかわることがないので、良い経験になった。
    ●みんなの思いが上映会を開催し、広げているんだなぁ! あったかい感じがとってもステキっだった。
    ●映画上映だけでなく、ミニライブやトークがあったので、より映画について理解を深めることができた。
    ●表現力豊かな祐二さんの写真と沖縄の魅力にふれ、すぐに沖縄へ行きたくなりました。
    ●とても優しい気持ちになりました。子供達に是非見せてあげたかったです。
    ●明日からまた笑顔で頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。
    ●お母さんの話の中に、参考になることが多くあった。例えばメガネの話。
    ●祐二さんの写真をポストカードにして、是非販売してほしい!!
    ●私も自閉症の息子(小1)を育てているので、自分を表現できる手段を見つけたり、いろんな関わりや親から離れての旅行など、これから息子が歩む人生を思い描きながら観ました。
    ●私にも自閉症+重度知的障害のある19歳の息子がおります。言葉を自由に使えない彼が、自分の思いを表現したり、周りの人とつながったりできる手段のヒントを頂きました。大変有難かったです。安易ですが、早速息子にカメラを持たせてみようと思いました。
    ●とにかく足を運んで良かったです。このようなイベントを作って頂いてありがとうございました。
    ●昨今流行のCGを駆使した大作と呼ばれる作品にはない、心が暖まる感動を頂きました。
    ●家族との関係、お兄さんの祐二さんへの思いは、胸にくるものがありました。
    ●学校での上映会をとおして、自閉症の方への理解をたくさんの子ども達に伝えてもらいたい。
    ●あっという間の充実した休日になりました。
    ●祐二さんによる写真の解説が良かったです。何気なくパシパシ写真を撮られているようで、実はいろんな意味が込められているのですね。

    H261111_U.jpg
    米田祐二さん、ありがとうございました!! 
       H261111_V.jpg
       H261111_W.jpg


     米田祐二さん、千鶴さん、chiharuさん、貞末さん、おかげさまで素晴らしい映画会になりました。本当にありがとうございました。また、お帰りの際に作品まで頂戴しました。さっそく事務所に飾らせて頂きましたので、みなさん、いつでも見学にお越しください。最後に貞末さんのお言葉をお借りして、このブログを終えたいと思います。

    「生き難さを感じている人達が、笑顔になる社会であってほしい」


     上映に携わった私達ささゆり園のスタッフも、強くそう願い、行動します。

    (箕面市立障害者福祉センターささゆり園 園長 加藤)

    カテゴリ: 講演会・セミナー

    Trackback: --   コメント: --   

    ‎「障害のある方たちの暮らし」について学ぶ‎ ‎~ご家族の経験談から学ぶ~‎ 

    ‎ 当福祉会では、平成26年1月より外部委員を含めた「虐待防止・サービス向上委員会」を設置しています。委員会では各職場で実施した虐待防止にかかるチェックリストの分析、虐待防止や職員の資質向上に向けた取り組み等を検討しております。‎
    その検討のなかで、「障害のある方のご家族の思い」に触れ、人権意識を高めていくような「研修」を実施しようと企画し、標記研修会を「平成26年度人権研修」として10月22日に実施いたしました。‎

    H261029_A.jpg



    ‎ 講師には、障害のある方の母親である後藤美和子さんと岸本美智子さんをお招きし、貴重な経験談(幼少期のビデオなども見せていただきました)を聞かせていただきました。‎

    後藤さんは、息子さん(自閉症、てんかんのある方で、現在大阪市内の就労継続支援B型事業所に通い、一人暮らしをされています。)とのこれまでの暮らしについて、‎
    岸本さんは、娘さん(経管栄養や呼吸管理などの医療的ケアを要する方で、‎現在箕面市内の生活介護事業所に通い、ヘルパーの支援を得ながら一人暮らしをされています。)とのこれまでの暮らしについてお話いただき、ご家族として‎これまでどのような思いで育ててこられたのかが、職員一人ひとりの心に強く響く研修会となりました。‎

    H261029_B.jpg
    後藤美和子さん
    H261029_C.jpg
    岸本美智子さん

    H261029_D.jpg

    H261029_E.jpg
    75名の職員が参加しました


     お二人のお子さんは、障害の種別や状況はまったく違いますが、親として‎‎「ご本人の自立」を常に悩みながらも見守ってこられた姿勢や、たとえリスクがあっても、ご本人自身の考えや行動を尊重してこられたことなど、「ご本人中心の支援をしていかなくては」との思いを新たにさせていただくことができました。‎

    後藤さん、岸本さん、大変貴重なお話を聞かせていただきありがとうございました。‎

    ‎(事務局長 亀谷雅彦)‎

    カテゴリ: 講演会・セミナー

    Trackback: --   コメント: --   

    平成26年度「地域で生きる」障害者問題市民講座 

    H261006_A.jpg


    箕面市立障害者福祉センターでは、障害のある市民の方々、ご家族をサポートする様々な事業を展開していますが、その中の1つに障害に対する理解を深める事業があり、今年は11月2日(日)に、自閉的傾向のある22歳のアマチュアカメラマン、米田祐二さんが、お母様の手を離れ、沖縄旅行をされる姿を追ったドキュメンタリー映画「ぼくは写真で世界とつながる~米田祐二 22歳~」を上映します。参加無料!(ただし事前予約をお願いします。)

    また、上映後は、主演の米田祐二さん、母米田千鶴さん、制作された貞末さんによる楽しいトークと、音楽を担当されたchiharuさんによるミニライブがあります!! みなさん、奮ってご参加下さい!!

    (箕面市立障害者福祉センターささゆり園 園長 加藤隆之)

    H261006_B.jpg

    H261006_C.jpg


    開催日時:平成26(2014)年11月2日(日)
    開催場所:箕面市立障害者福祉センターささゆり園 プレイルーム
    上映時間:第1回10時30分~
         第2回13時30分~
    参加費 :無料(ただし、事前申込をお願いします)

    お問い合わせ先
     箕面市立障害者福祉センターささゆり園
     電話/FAX :072-724-2940
     Eメール   :sasayurien@m-akatsuki.or.jp

    カテゴリ: 講演会・セミナー

    Trackback: --   コメント: --   

    ‎『腰痛予防研修』を実施しました 

    桜のつぼみがふくらみ始めた3月22日(金)午後6時より、箕面市障害者福祉センターささゆり園にて、昨年度に引き続き、職員の腰痛予防を目的として『腰痛予防研修』を実施しました。今回は、市内の障害者事業所にも呼びかけ、27名の参加となりました。‎
    ‎ ‎
    講師を務めていただいたのは、昨年同様、藍野大学 作業療法学科 教授の大西 満先生です。‎
    ‎講義は、先生自身の「腰痛体験」から始まり、昨年度の参加者の腰痛にかかるアンケート調査結果及び分析もご報告いただきました。‎

    P1010378.jpg   P1010379.jpg

    ‎今回の研修のメインは腰痛予防体操の習得で、様々な姿勢をとりながら、参加者それぞれの筋肉をチェックいただき、それに応じた腰痛体操をじっくり教えていただきました。‎

    先生によると、今回の参加者は「背筋」が強い傾向がある反面、「腹筋」が弱いとのことで、‎日頃の介護場面では、「腹筋」を意識して(使って・はーっと息をはきながら)介護するこ‎とや、今回学んだ参加者の身体に応じた「腰痛体操」を継続的に取り組み、筋肉の柔軟性が高めていくことで、腰の負担が軽減され、腰痛予防につながるとのことです。‎

    P1010383.jpg   P1010385.jpg

    P1010390.jpg   P1010392.jpg

    参加者は、自分の身体のどの筋肉の柔軟性を高めればよいか具体的に学ぶことができましたので、後は学んだ腰痛体操を各自がしっかり取り組むことが何より大切です。‎
    また、今回参加出来なかった職員にも広く伝えていき職場での「腰痛予防」に繋げていきます。     

    (あかつき福祉会 事務局長 亀谷雅彦)

    カテゴリ: 講演会・セミナー

    Trackback: --   コメント: --   

    映画「普通に生きる」上映会を実施しました!! 

    平成25年3月8日(金)、箕面市立障害者福祉センターささゆり園(箕面市西小路3-9-9)では、平成24年度「地域で生きる」障害者問題市民講座として映画「普通に生きる」上映会を実施しました。

    なお、上映に際しましては、本映画を制作されたマザーバードの貞末麻哉子プロデューサーさん、社会福祉法人日本ライトハウスさんの全面協力のもと、音声解説付の上映会となりました。
    (要約筆記、手話通訳と併せ、完全バリアフリー上映会となりました)

    P1010191.jpg


    音声解説の会場機材です。事前に収録された音声解説CDをFM波で会場内に送信し、お貸しした小型FMラジオ(机右下のシルバーの板状のもの、写真は2台分)をイヤフォンで聞きます。イヤフォンはモノラル(片側のみ装着)ですので、会場に流れる主音声も楽しめます。視覚障害のない方も、希望される方にはお貸しいたしました。
    この映画を何回か見られた方からは「音声解説を聞くことで新たな発見がありました!」とのご感想をいただきました。

    P1010197.jpg   P1010253.jpg

    朝10時から夜9時まで、全3回上映しましたが、どの回も盛況で合計153名の方にご鑑賞いただきました。実は全3回とも制作者の貞末麻哉子プロデューサーさんに制作秘話(?)を含め、お話し頂いたのですが、貞末プロデューサーさんは「顔出しNG」ということで、ご紹介できません。残念! また、貞末プロデューサーさんには解説以外にプロジェクターの調整まで対応いただきました。 本当にありがとうございました。

    P1010241.jpg


    アンケートの中から、いくつか感想を紹介させていただきます。
     ・言葉はありません。涙が出ています。
     ・いいお話ありがとうございました。なんだか映画以上に感激しました。生だからでしょうか?
     ・生活介護事業所に通所されている皆様の笑顔がとてもまぶしく、印象的でした。
     ・普通に生きるというのは、確かに難しいことと思いますが、目指したいと感じされられました。
     ・障害者が自立することの難しさと、すばらしさを学べました。ありがとうございました。
     ・映画もお話も大変良かったです。勇気をもらいました。
     ・制度は最初からはない、ニーズが先にある。福祉の受け手から担い手に、という言葉が心に残りました。
    また、「今回の続きを是非見てみたい」というお声も多数頂戴しました。貞末プロデューサーさん、よろしくお願いいたします!

    この映画は、全国各地で異例のロングラン上映を続けています。今回ご覧頂けなかった方は「普通に生きる」公式HP
    で上映情報を御確認ください。 公式HP http://www.motherbird.net/~ikiru/


    DSCN0867.jpg


    書籍販売でご協力いただきましたフェミックス『We』大阪編集部の冠野さん、NPO法人地域生活を考えよーかいの国本さん、ご協力ありがとうございました。

    また、京都市伏見区からお越し頂きました金岡さん(通称:オカンラーさん)からは、昨年5月リニューアルした地域生活支援センターへ、とっても素敵な木版画「棚田の桜」をご寄贈いただきました。季節は春です! ショートステイ室にパッと花が咲きました! ありがとうございました。

    皆様のご協力により、無事映画会を開催することができました。これからも何卒よろしくお願いします。

    (ささゆり園 園長 加藤)

    カテゴリ: 講演会・セミナー

    Trackback: --   コメント: --