Admin   *   All archives

    大阪府箕面市に本部を置く「社会福祉法人あかつき福祉会」からのお知らせと最新情報

    職場内研修を実施しました 

    今回のあかつき園・ワークセンターささゆりの研修テーマは「あかつき福祉会の理念」についてです。
    当福祉会の理念は、「このまちで自分らしく暮らしたい」と、利用者一人一人の想いやニーズに寄り添って支援をするべく、この理念を継承し続けてきました。
    また、理念の実現に向けた行動や指針を寄り分かりやすくするため、「運営の4つの原則」「職員行動指針」も取りまとめています。(詳しくは、当福祉会ホームページ(http://www.m-akatsuki.or.jp/about.html)をご覧下さい)
       H290530-10.jpg H290530-11.jpg

    今回の研修では、「なぜ理念が必要なのか」から始まり、「理念が職員一人一人に根付くための取り組み」について、グループに分かれて、話し合いをしました。
    ○当たり前のように取り組んでいる「選択活動やニーズ確認」などは、「利用者主体」や「ニーズの尊重」といった職員行動指針に基づいた支援であること。
    ○「あいさつをする」という取組目標を立てたチームがありましたが、この取り組みが理念や行動指針とどうリンクしているのかが十分議論できておらず、取り組みの効果が半減しているなどの反省もありました。「あいさつ」は当たり前の関わりですが、当たり前の関わりを目標に設定することで、基本に立ち返った支援の意識向上等にも繋がっていたようです。
    ○「自分らしく」ってどういうことなのだろう。と問題提起をして、議論を深めるグループもありました。「自分らしさ」は利用者の数だけあり、それをどうやって見つけるか、作っていくかが我々の専門性と価値であるという話もありました。
    ○「理念に向かって取り組めているのか」と厳しい意見も出ており、当福祉会の理念の実現の難しさを改めて確認することができました。

       H290530-12.jpg  H290531-13.jpg 
       H290531-14.jpg

    理念は、我々職員が支援するにあたっての根底にある指針であり、法人の存在意義でもあるため、「このまちで自分らしく暮らしたい」を実現するべく、日々前進できるように努めていきたいと思います。


    (箕面市立あかつき園・ワークセンターささゆり主任 白樫)

    カテゴリ: 職員研修

    Trackback: --   コメント: --